再利用できない金属等のスクラップってあるの?

資源の再利用における処理の過程で、再利用できない素材は必ず出てくるものです。金属スクラップにも、その金属の種類や製品化の具合、形状、汚れなどの点で一般的には再利用不可能なものとしてスクラップ業者が引き取ってくれないものもあります。

大阪府税規則

まず再利用化の難しい金属の種類については、再利用率の高い鉄や銅、アルミ、鉛など主要金属以外の特殊な金属が多くを占めています。これらの金属には一部のレアメタルなども含まれており、再利用化されなかった金属スクラップは場合によっては埋め立て処理をされることもあります。なぜメジャーではない金属スクラップが再利用されにくいのかと言えば、再利用化の技術的な問題が挙げられるでしょう。

主要な金属であれば多く流通しており再利用化の技術も確立しているのですが、その他の金属の再利用化処理については専門業者自体がこの技術を得ることに追い付いていないという現状があるのです。

廃車

ですが、中にはこれらの金属スクラップを再利用化する技術を持っている専門業者も存在しており、そのような業者であれば廃棄され埋め立て処分されるような金属スクラップでも引き取ってもらうことは可能です。

相続問題相談ガイド

また、鉄や銅、アルミ、鉛などのメジャーな金属であったとしても、製品化される過程で特殊な加工や有害物質の汚れが付着することも少なくありません。このような特殊加工や汚れがある金属スクラップの場合は、再利用処理を行う上で不純物となり純度の高い金属への再生を行うことに手間がかかりますので再利用できない場合もあります。

このように金属スクラップの一部は上記のような理由により再利用できないものが存在しているのです。