BCAAの摂取量とタイミングについて

ダイエットを目的とするなら、BCAAをサプリメントでの摂取するのが効果的という事が判りましたが、一体BCAAをどの程度、そしてどのタイミングで摂取するのが効果的なのでしょうか。

indexnew

まず、BCAAの一日の摂取量は2~4g(2000~4000㎎)と言われています。食品の中で一番比率の良い(バリン1:ロイシン2:イソロイシン1が理想)ササミで例えてみると、ササミ100g中には、バリン1200㎎・ロイシン1900㎎・イソロイシン1200㎎(比率1:1.6:1)の、合計4300㎎が含まれていますので、ササミを100g食べる事で簡単に摂取できたことになります。

中村学園大学図書館

しかし、問題は食べるタイミングです。BCAAは食べてから30分後に血液中に流れるBCAA値が最大になり、約2時間後には元に戻ります。血液中にBCAAが流れる事で、筋肉が栄養源としてBCAAを利用することが出来ますので、運動の30分前に摂取するのが理想ですね。しかし、食べた直後に運動するのは胃もたれの原因にもなりますし、外出先での運動では食事をするタイミングが難しくなります。そこで重宝するのがサプリメントなんです。好きなタイミングで好きな量飲む事が出来るので、ダイエットをする方だけでなく、激しい運動をするスポーツ選手にも最適なのです。



BCAAは運動前と運動直後の2回に分けて飲むと良いと言われています。トレーニング前のBCAAは筋肉のエネルギー源となり、トレーニング後のBCAAはトレーニングで傷ついた筋肉を癒す疲労回復効果が有る為です。また、長時間のトレーニングになる場合は、トレーニングの最中に飲む事も効果的な様です。

BCAAの摂取目安は2~4gですが、多少多くなるのは、運動をする事を考えると問題ない様です。しかし、BCAAの過剰摂取は体に良くないという研究結果も発表されていますので、一日の上限10gを超えない程度に食事での摂取量を考慮する事も忘れてはいけません。