定款を認証してもらうには

定款を認証してもらわなければ、会社を設立することはできません。ここでは定款を円滑に認証してもらうためのポイントについてお話しましょう。

イ:東京法務局西多摩支局 | | 東京都福生市公式ホームページ 

まず定款の認証は公証役場でおこないますが、会社の本店の所在を管轄する役場になります。事前にきちんと調べておきましょう。そしてできることなら、認証を受けようとしている定款に何か問題がないか、事前にファックスなどを送信しておけば、チェックしてくれる公証役場が多いです。担当の公証人のほうから、そのように依頼されるケースもありますので、現地で困らないように、あらかじめ見ておいてもらった方が安心でしょう。

仙台 会社設立

役場に持参するものについてですが、まず定款を3通ほど準備します。これらには発起人全員の署名押印、割印が必要になります。その際、必ず個人の印鑑でおこないましょう。3通必要なのは、公証役場の保存用、会社保存用、登記用という内訳になります。

さいたま地方法務局東松山支局/東松山市ホームページ

それから出資者全員の印鑑証明を1通ずつ、収入印紙代4万円、公証人への手数料5万円、定款の謄本交付手数料についてはページ数によりますので、ある程度まとまった金額を持っていたほうがよいでしょう。そして代理人が定款認証をおこなう場合には、委任状が必要になります。公証役場での定款認証は、発起人全員で行くのが基本です。

そうはいっても、設立当初の忙しい時期に、ぞろぞろと複数人で赴くのは現実的ではないかもしれません。それに公証役場も時期によっては混み合うものです。そういった場合には、公証役場に行く人を一、二名決め、それ以外の人からは、委任状を受け取って手続きしましょう。きちんと書類さえ揃っていれば、手続き自体は三十分程度で終わるものです。