煙草が大好きでなにが悪い

最近の喫煙者排除の風潮がたまらなく嫌だ。タバコ吸うってだけで嫌な目で見られたり、人として終わってるみたいな扱いをされる。こっちはちゃんとマナーを守って吸ってるし、灰皿がないところでは吸わない。グループでレストランとか入って非喫煙者がいれば禁煙席で我慢するし、目の前で吸ったりもしない。誰かに迷惑かけてるわけじゃない。それなのに、喫煙者はダメな人として見られる。俺がお前にどんな迷惑をかけたんだよって思う。

確かに歩きタバコしてたり、ところかまわず吸ってるようなやつはクソだと思う。吸い殻をその辺に捨てたりとかするようなヤツね。でも俺はそんなことしてないし、最近の分煙志向でその辺気を使ってる喫煙者だってたくさんいる。確かに副流煙とか臭いとか嫌な人は嫌だから、ちゃんとした喫煙者はそういうのに対して本当に気を使ってる。

俺はタバコが大好きだし、今後やめたいとも思ってない。作業の合間とかに一本火を付けてフーッとすると、本当に「今俺は休憩している」っていう感じがするから。喫煙所で話すことによって広がった人脈だってある。そりゃ確かに体には良くないだろうし嫌な人は嫌っていうのもわかるけど、そういう面ではいいところだって実際ある。冬の寒い日に温かい缶コーヒーを飲みながら吸うタバコなんて最高だよ。

分煙は賛成だし全然構わないけど、タバコ吸ってるからって白い目で見られることや、それだけで人から嫌われたり、クズみたいに見られるのは本当に納得がいかない。周りのことも考えて嗜んでるんだから、タバコ大好きで何が悪いんだよ。